Print Friendly, PDF & Email

受け入れること

Afrikaans – Chinese – EnglishGermanJapaneseRomanianSpanish

Acceptance

「人よ、神に口”嘯ヲするとは、あなたは何者か。造られた物が造った者に、“どうしてわたしをこのように造ったのか”と言えるでしょうか。」(ローマの信”kへの手紙 9章20節 新共”ッ訳)

「どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。」(テサロニケの信”kへの手紙一 5章18節 新共”ッ訳)

もし人を解放する真実があるとしたら、それは、もし私たちが、神を信じる者として、私たちが人生において今置かれている境遇の?”々を受け”?れることです。そうすれば、勝利は私たちにあります。

最も早く効果”Iな霊”Iの勝利は、心からその境遇をあるがまま受け”?れることです。小川や川の”?しさと雄大さに注目してください。池や大洋、小山やそびえたつ山、草や樫の木の葉一枚、スズメやワシ、蟻や蝶、小石や玉石、原子や惑星、赤ん坊や巨人、百合の花やソロモ?”王の”?しさと雄大さをもう一”xよく見つめてみてください。これらのすべてに、それぞれの役割があり、それはすべて、完璧な創造主、神によって決められたもので、他の何ものによっても全く代用がきかないものです。

興味深いことに、神の考え方と世の中のそれとは、全く異なったものです。世の中の考え方、つまり”?体や悪魔の考え方では、「もしみんなより一歩前に出て名のある者になりたいのなら、自分でやっきになって”w力して勝ち取らなくてはならない。それが過去の著名人のしたことであり、もし成功したいなら、自分もそうしなければならない。待つことや、あるがままの状況をただ受け”?れることに、”セられる価値はない」。

世の中は、あなたが”チ別であること、あなたが信じて”w力すれば、あなたのなりたいもの何にでもなれるといいます。神もあなたが”チ別だと言いますが、神の意味する‘”チ別’とは、あなたは自分であり、神の意思と設計によるふたりとない”ニ”チな存在で、”ニ”チでなくなることはないのです。自分の可”¥性を高めるには、自分がなりたいと思うことを目指すのではなく、自分に決められた運命に沿ったあなたになることで、神のみがそれを実現することができます。

事実、誰でもが何にでもなれるのではなく、誰も何にでもなる運命ではないのです。私たち皆がそれぞれユニークな存在であるということ自体、それが偉大にみえようとみえまいと、それが何であったとしても、私たちひとりひとりが、人生において”ニ”チで、選ばれた役目をもっているということを表しています。

もしあなたがほかの誰かのようになれないからといって、まるでそれが自分の力不足によるもので、つまり、自分の責”Cだと、落ち込むのはなぜですか?または、ほかの人をうらやましいと思うことはありますか?あなたの隣人をねたむことは、あなたへの神からの召致を駄目にします。神のみがあなたを何にでもすることができます。そして、あなたは自分のなりたいものになるために、神を使うことはできません。神は、神がしたいことを、あなたにします。あなたは自分の身長を一セ?”チ高くすることも、”ッの毛一本を黒くすることもできないのです(「また、あなたの”ェにかけて誓ってはならない。”ッの毛一本すら、あなたは”窒ュも黒くもできないからである。」マタイの福音書 5章36節 新共”ッ訳)。ですから、もし神があなたをある”チ定の何かにしていないのでしたら、それは、あなたがあなたであるという、神のはっきりとした知恵です。神の意図以外の何かになることを望んだり、試みたりすることは、神の意思と神の知恵を”ロ定することです。

アメリカ合衆国の大”摎フになりたいですか?そうなるべき運命の人たちにとっては良いことです。もし”゙らがそれに満足していれば、自分に与えられた義務を忠実に果たします。しかし、たとえそれが運命であっても、自分が与えられたものに満足していなければ、それは悪になります。自分ではない何かになることを切望する人たちには、自分がなるべき自分であることでの満足や喜びという、唯一の可”¥性を見”ヲすことが本”魔ノどんなことなのか、全く検”「もつきません。つまり、私たちがだれであるかはむしろ問題ではなく、それが何であっても、どう受け”?れるかが問題なのです。それが人生の”骭高ナあり、喜びであり、平和であり、充足感なのです。

隣の芝生は青いと言っている人は、決して満足することはありません。自分がほかのだれかになれるか、または、ほかの人がもっているものをもてるか、さらには、今までほかのだれもがもつことがなかったことを手に”?れれば、やっと自分が幸せになれると思うことさえ、”゚劇”Iな間違いです。いやいやではなく(神はあなたの心をみています)、快く、喜ぶことさえもしながら自分の人生の境遇に従うことができれば、その瞬間、自分で境遇を変えることでのみ達成できると思った、私たちが切望した状態に”?ります。

そのような状態を涅槃(ねはん)と呼ぶ人がいたり、宇宙”N学、悟りという人たちもいますが、私はそれを神の意思の受け”?れと呼びます。涅槃(ねはん)を探し求めている人たちは、今の自分の置かれている境遇や状態に満足していません。私はこれまでに一”xも、完璧な平和と充足感を”セようとやっきになって、それを達成した、仏教”kやキリスト教”k神”髦_者に会ったことがありません。”゙らは今の境遇に満足することが、決してできないからです。

健康、平和”Iな家族、充分な富、評”サ、安全、または成功など、私たちの人生で私たちを喜ばせることについては、受け”?れることが”?しくないかもしれません。しかし、これらのどれにおいても、本”魔フ充足感はないということに間もなく気がつきます。もちろん、これらのことをもつ多くの人々は、それらを”桝Rのこととしておろそかにしたり、また、これらのことを”セた多くの人たちは、予期せぬ空虚感を”ュ見するのみです。”゙らは困惑して、「どこで間違ったのだろう。なぜ私は幸せではないのだろう。」とたずねるのです。

受け”?れることがより”?しいのは、不運で、意に沿わない、不愉快な人生の境遇と状況で、外見上、他の人の置かれた状況と”艪ラて劣っているようにみえる状況です。聖書は、対抗意識、ねたみ、嫉”i、人のものを欲しがることを警告しています。プライドも、私たちを自分を他の人と”艪ラることへ引きずり込む悪”ソで、それによって不和や”G対心があおがれます。私たちが自分の置かれた境遇に感謝して受け”?れることに失”sすると、”ス感やうらみなどの苦い気持ちができ、ゆっくりと、でも確実に、私たちを汚し、最終”Iには”j壊します。

もし私たちがほかの誰のようにでもなるべきでなかったら、どうして私たちは、自分をほかの人たちと”艪ラる必要があるのでしょうか?もし私たちが、自分の運命によって、他にはない唯一の自分になれるただひとりであるのなら、どうして私たちは自分が自分自身でいることに不満足をするのでしょうか?もし私たちが、自分であることによってのみ満足することができるのなら、どうして他の人のようになることを求めるのでしょうか?なぜ私たちは、それが不可”¥であることに気がつくことができないのでしょうか?

もし私たちが、神がすべての上で最高の主権をもつと信じると、私たちは神が100?”すべてをコ?”トロールしていて、すべてのことを完璧に行っているという自信の中で安らぎます。私たちは、感謝し、最も現実の意味で、イエス・キリストが主(しゅ)であることを告”窒オます。私たちが私たち自身を神の英知からの成果物として受け”?れ、”ッ様に、自分の隣人についても、神の英知からの成果物であることを受け”?れ、感謝するゆえに、私たちは、隣人を自分たち自身のように愛します。

「人よ、神に口”嘯ヲするとは、あなたは何者か。造られた物が造った者に、“どうしてわたしをこのように造ったのか”と言えるでしょうか。」(ローマの信”kへの手紙 9章20節 新共”ッ訳)

この世のすべての悪の根本は、ある人が自分の置かれた状況に不満を抱くことです。サタ?”はこの世の支”z者になることを切望しませんでしたか?”゙は略奪者であるのもかかわらずです。人は自らの愚かさで、手に”?れ、達成することを望んではきませんでしたか?”゙は地球を”j壊してきませんでしたか?

聖書の中で、パリサイ”hの人々は、自分の力で正しくなろうとしませんでしたか?ヘロデは妻と違法に結婚しませんでしたか?アハブは隣人のぶどう園を欲しがり、ダビデは隣人の妻を、アムノ?”は”゙の妹を、アブサロムは父の王位を、カイ?”は”゙の弟の神の”チ権の承”Fを、サウルは神から”ニ立した栄光を、ユダは人からの賛”?を欲しがりませんでしたか?イスラエル人はエジプトにいたときはエジプトから出たかったのに、エジプトから出ると、今”xはエジプトに戻りたがりませんでしたか?そして、”゙らを囲むまわりの国々のように王が欲しいと言い始めませんでしたか?それがすべての罪の本質、つまり、自分が今置かれている状況を決して受け”?れないことではないでしょうか?

ある漫画を思い出させられます。最初のひとコマでは、ある男がソファーに寝そべりながら、山にハイキ?”グに行き、新鮮な空気を吸い、太陽の光を浴びて、気持ちのよいそよ風を感じながら、”?しい景色を眺めるという夢を見ています。最後のひとコマでは、”゙は今”xは山の中にいて、”謔黷ォって汗をかき、ゆったりとソファーに寝そべることを想像しているという漫画です。

神が人々を”?”サするために預言者たちを送ったときのことを考えてみてください。その”?”サは、”゙らがだれであるかに対するものではなく、”゙らがなるべきでないだれかになろうとしていたことへの”?”サでした。神は人の間違いや失”s、弱”_や強さ、金持ちや貧乏や有名さなどを”?”?しませんが、人が自分ではないだれかになりたがることに対して”?”?するのです。

罪深い状態にいる場合、私たちは愚かなことをし、それによって私たちは、皆に自分が偶像崇”q者であることを示しています。偶像は、人を愚かにします。偶像とは何でしょう?それは、神以外の何かを”セるために懸命になる人のことです。愚かな人とは何でしょう?神の与えた人生の状況をありがたく思えない人のことです。

私たちが自分たち自身や、私たちの創造者によって決められた人生の位置を受け”?れないと、神の戒律のひとつひとつを”jることになります。神を愛せず、別の神をもち(私たちがもつべきでないことをむやみに望むこと)、安息”?を守らず(休まないこと)、両親を敬わず、姦淫をおこない、”垂ン、殺すことになるのです。こうして、私たちは自分たちがもつもの、自分の周りの人たちがもつもの、そして、もつことができたはずのものまで”j壊するのです。

私たちの置かれた状況すべてが、主(しゅ)の命令だとどうしてわかるのでしょうか?”゙がそう言ったからです。

「御子はすべてのものよりも先におられ、すべてのものは御子によって支えられています。」(コロサイの信”kへの手紙 1章17節 新共”ッ訳)

「人間の心は自分の”ケを計画する。主が一歩一歩を”?えてくださる。」(箴言 16章9節 新共”ッ訳)

「どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。」(テサロニケの信”kへの手紙一 5章18節 新共”ッ訳)

それでは、私たちが自分のいる境遇を変えることが神によって定められていることはあるでしょうか?ヤロブアムがレハブアムに対して”ス逆したのは、神がイスラエルをふたつの国に分けたかったからでした(列王記上 12章21-24節)。ヤコブがずる賢く長子の権利をエサウからもぎとり、祝福を”垂?だことも、神の主権により、神が決めた計画が実行されるためでした(ローマの信”kへの手紙 9章10-13節)。シャムガルが、ペリシテ人600人を牛追いの棒で打ち殺したのは、イスラエルが勇敢に救われるためでした(士師記 3章31節)。そして、サムソ?”がペリシテ人の女を妻として望み迎えたのは、神がペリシテ人の抑圧者に対し対策を打つ機会を探していたからでした(士師記 14章3-4節)。

これらのことはすべて、神が”゙の使者の心を変え、”゙らがすべきことを行わせたことです。神は神自身の心と相談した後、すべてのことを行いました(エフェソの信”kへの手紙 1章11節)。すべてのことはなるべきようになり、神はそれを行います。

中には、このような行”ョや偉業をみて、「もしあの人にそれができるのなら、私にもできるはず」という人がいるでしょう。しかしそれは、”n車の荷車を後ろではなく、前に置くようなものです。それらの人々は、神がそれを”゙らがするべきこととして与えたので、そうしたのです。”゙らは頑固な決心力によってしたわけではありません。無理矢理自分の力で押し通したのではなく、”゙らの中に自然にあったのです。”゙らは自分たちに与えられた運命を成就する以外、何もできなかったのです。

イエスは、「右の手のすることを左の手に知らせてはならない。」(マタイによる福音書 6章3節)と言いました。いつも、今が何で、私たちが誰であるかに感謝しましょう。それがよく見えても悪く見えても、神の意思を祈り、自分に”セがあってよいことだけを探すのをやめましょう。もし私たちが神の意思を受け”?れ、隣人を自分自身のように愛すれば、私たちは自分の心の願いを手に”?れます。

「神よ、私が自分で変えられないことを受け”?れる心の落ち着きをお与えください。そして、自分で変えられることを変える勇気を、その違いを分別できる知恵を、お与えください」。重要なことは、自分自身を受け”?れ、ほかの誰かになりたいと思わないこと。そして、自分の置かれた境遇を受け”?れ、それに感謝し、それらがすべて神によってつくられたことを知ることです。

「誰かであることはすばらしい。なぜなら、あなたは誰でもないから。そしてあなたは”゙(神)のものであるから」(真実の”ケ、歌:「誰かでいることはすばらしい(英語のみ)」より)。私たちが切望した7”?目に”?ると、それは私たちのいるべき正しい場所。神に永?”の力、そして栄光を。アーメ?”!

Victor Hafichuk

?”ィクター・ハフィチャック

翻訳 Mariko Benson
Translated into Japanese by Mariko Benson

>>「“?本語のページへようこそ」のページへ戻る

Facebook Comments