Print Friendly, PDF & Email

悔い改めること

English – French – Japanese – RomanianRussianSpanishVietnamese

Repentance

「悔い改めること」とは何でしょうか?

旧約聖書では、「悔い改めること」の大切さに大きな重”_が置かれています。新約聖書でも、福音は、使”kヨハネがイエス・キリストについて、「悔い改めなさい」と呼びかけることから始めました(マタイの福音書 3章2節)。イエスと”゙の使”kが福音を広めた際は、”゙らの口から出た最初の言葉は「悔い改めよ」でした(「悔い改めよ、”V国は近づいた」(マタイの福音書 4章17節)、「時は満ちた、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ」(マルコの福音書 1章15節))。悔い改めることは、すべての出”ュ”_です。

「悔い改める」という単語は、あまり”?常では使われない古い言葉になりつつあり、またそれによって、誤解されやすい単語になってきています。バラエティ”ヤ組などで使われたり、むしろ”n鹿にされた“おもしろい”単語というニュア?”スさえ生まれてしまいました。しかし、実はこの単語よりも大事な言葉は存在しないと言えるほど、私たちはまじめにこの言葉を受けとめる必要があるのです。悔い改めることは、神へ近づく唯一の手段であり、あなたがいつの”?か、本”魔フいのちを”セるためには、絶対に通らなければならない門なのです。これを”n鹿にするならば、大変な目に遭います。

悔い改めることとは、心を”?れ替えるのと”ッじことだとよく言われます。誰かが何かの罪を”ニすことをやめる決心をしたり、神の法を”jることをやめることだと。それはそれで価値のある正しい行”ョではありますが、悔い改めるということにはそれ以上の意味が含まれているか、または少なくとも、他の言葉でもっと説明することのできる、偉大な意味のある言葉です。

悔い改めることは、自分自身に対する“自分の権利”を完全に放棄することと変わりがありません。つまりは、人生のすべてのことにおいて、神から”ニ立するのを完全にやめることです。もし私たちが人生の様々なことで、自分の欲望や、好みや、理屈や理解をもとに意志決定をしていたら、私たちは悔い改めてはいないことになり、罪の中に生きているということです。それがどんなに理屈にかなっていて、”ケ”ソ”Iによく見えたり、世間ではこれこそが正しい生き方だといわれるようなことをしていてもです。一方で、自分自身というものを、すべて無条件に神に引き”nせば、私たちは悔い改めていることになります。

本”魔ノ、私たちは自分に対して、何の権利ももっていないのです。なぜならそもそも私たちは私たちから生まれたわけではないからです。私たちは自分で自分を創ったわけではありません。神が人を創ったのですから、私たちは神に所有されるものなのです。神が私たちを所有しているのだから、私たちに対する権利は、100?”神のものです。私たちには、神に従属する以外、何の権利もありません。

多くの人々が自分はすでに悔い改めることや救いを経験したことがあると錯覚していますが、それは神との自分勝手な約束への思い込みからです。たとえばこんな風にです。「神様、もし神様が私を今の状況から救って、癒してくださるのでしたら、私はあなたのために生きることを約束いたします。神様がおっしゃる通り、何でもいたします」。これは、悔い改めていることとは違います。それはまるで神に対して安”р閧窿oーゲ?”をお願いしているようなものです。神への敬意に全く欠けている人が、自分の罪を棚に上げ、自分の行”ョや態”xがあたかも正しいかのように見せているだけの、”s合のよい責”C”]換です。

神への信仰への最初の一歩は、悔い改めることから始まります。その第一歩でさえ達成されていないのだったら、魂”Iな成長がどうしたら期待できるでしょうか。神の前での、本物の悔い改めとは何かをみていきたいと思います。

もっとも重要な悔い改めの構成要素は、自らが”ニした罪の結果(報い)を受け”?れること:「私は有罪です。私は、神が与えてくださったどんな”アをも受けるに値し、”?けることはもういたしません。私が罪を”ニした人に対して、何事もなかったかのようなふりをしたり、隠したりするよりも、きれいさっぱり借りを返すことの方を選びます。」重要な要素がすべて揃わないと、悔い改めることは完成していません。それらの要素とは、1罪の”F知、2罪の告”?(リ?”ク先は英語のみ)、3罪について包み隠しなく、正直になること、4自分が”ニした罪の報いの結果、起きてしまったことに対してではなく、罪の”?害を受けた相手に対して後悔や”゚哀の”Oを感じること、5罪の報いの結果に対し、それを完全に受け”?れること、6謝罪と補償をできるかぎりすること、7“ッじ罪を”?”xと繰り返したくないと強く望むこと、8“ッじ罪を”?”xと繰り返さないために、救世主イエス・キリストに完全に頼ること。

これらの要素のうち、どれひとつが欠けたとしても、神への本物の悔い改めにはなりません。
これら8つの要素すべてが、神への信仰への第一歩にすぎないことを考えてみてください。そしてこれらの要素は、人間の身体が目や口や鼻などの?”分の単なる集まりではなく、身体全体がひとつの単位であるのと”ッ様に、悔い改めることも、”_が達成されたからといって、全体が完成されるということはありません。

悔い改めというのは、でっちあげたり、誰かに強制されるものではないということを私たちは知っています。私たちの言う8つの要素は、ひとえに、本物の悔い改めが何かということを説明し、証明するものです。

そして、本物の悔い改めは、神を創造主、支える者、”゙の創造したすべての者の正しい支”z者として、心から”F識し、感謝すること。悔い改めることは、言葉だけでなく、いのちすべてで、イエス・キリストがすべての主であることを告”窒キることです。

私たちは、自分を喜ばせて生きるべきではありません。口先だけでも、気持ちだけでもなく、心の底から、私たちは自分のものではなくて神のものであると”Fめること、それが悔い改めるということです。気が向いたときだけでなく、どんなことででも、そして、今だけでなく私たちが存在し始めたときからずっと、私たちは神のものであること、それを”Fめることが、悔い改めることなのです。

「私の意志ではなく、神の意思がなされますように」ということが、本物の悔い改めです。もし、私たちの生き方や態”xに「そんなことあなたに言われたくないんだけど」と言う”ス抗の気持ちがあれば、本物ではありません。本物は、「あなた私の主です。私自身、そして私のもつものすべてがあなたのものです。それはこれまでも、これからも、ずっと神のものです。すべて御心のままに。私が好むと好まざると、私がそれを選ぼうと選らばまいと、関係ありません。神の意思がなされますように。」と言い、行”ョすることです。

悔い改めることは、宗教とは関係ありません。どんなライフスタイルを選ぶかとも関係ありません。教義の受け”?れとも関係ありません。教会に行っているかどうかや、聖書に詳しいかどうかとも関係ありません。悔い改めることは、すべてを神に引き”nすことです。

悔い改めることは、他の人に自分がいかに変わったかを見せることとは関係ありません。また、信心深さや謙遜さ、勇気ある行為を見せびらかすことでもありません。神聖でいることや、聖人であることを決心することでもありません。禁欲生活や苦行を行うことでもありません。自分の身をつらい状況に追い込んだり、わざとつらい気持ちになることでもありません。自分を完全な犠牲として捧げることでもありません。悔い改めることは、自分の力や自分の”¥力に頼ることを完全にやめ、その代わりに神に信頼して、やらなければならないことの実行に専”Oすること。神を喜ばせることを自分の力ですることはできません。悔い改めることは、自分に頼ることを完全にやめ、神に頼って正しいことをすることです。

悔い改めることは、身体、魂、そしてスピリット(霊)を神に引き”nすことです。それは、神がすべてにおける主であること、神が小さいことから大きいことまですべてを”搦。していて、神の意思でない限りは、私たちの人生の中で何事も起きないと知ることです(神の意思に沿ったことだけが、起こります)。

悔い改めることは、すべての存在に対し、“神が見るように”自分でも見ることを決心することです。神がすべてのことに対して効力があり、支”zしていることを”F識し、神の見方と仕方に”ッ意することです。

この世には、存在物に対して2つの見方しかありません。人間が存在物をコ?”トロールするか、または神がコ?”トロールしているかです。人が、どう生きていくかを決める”¥力や権利が自分にあると信じるか、または神がすべてを鑑みて、その人にふさわしく、本”魔ノその人のためになる生き方へと”アくのか。

この世には”?種類の人間、“無神論者”か、“有神論者”しかいません。あなたは、神に賛成しているか”ス対しているかしかなく、どっちつかずの中立者というのはありえません。

確かに、悪魔でさえも神を信じ、恐れていると聖書には書かれています(「あなたは、神はただひとりであると信じているのか。それは結構である。悪霊どもでさえ、信じておののいている。」(ヤコブの手紙 2章19節))。しかし、イエス・キリストは、”゙の”Gたちに、”゙らが悪魔からのものであり、神を本”魔ノは信じずに悪魔の父を信じていると言いました(「あなたがたは自分の父、すなわち、悪魔から出てきた者であって、その父の欲望どおりを行おうと思っている。−中略− ”゙は偽り者であり、偽りの父であるからだ。しかし、わたしが真理を語っているので、あなたがたはわたしを信じようとしない。」(ヨハネによる福音書 8章44−45節))。万”¥の神が存在するということを、信じるだけでは十分ではないのです。神を本”魔ノ信じるということは、“愛”と“服従”を含みます。無神論者は、神を愛したり、神に従ったりしますか?

人は、自分中心か、神中心かに分かれます。悔い改めることは、その人が、永久に自分自身に対しての主権や栄誉を放棄し、その人の人生を神に無条件に捧げることです。神に従うことができるのは、心をもって神を信じる人だけです。そしてそれを可”¥にするのは神のみです。神だけがあなたの心を変えられ、信じることを可”¥にするのです。自分で変えようと思っても、それは私たちには、全く不可”¥なことです。

悔い改めることは、自分の見方が必ずしも正しくないということを受け”?れることです。自分にはそうは思えないということでも、または自分の言い分がどんなにか正しく思えるときにも、自分が間違っていることがあるということを”Fめることです。自分が正しいとずっと信じ込んできたことでさえも、間違っていることがあることを、どんな対価を払ってでも快く”Fめる意思があるかどうか。

悔い改めることは、もし神が仲介に”?らなければ死ぬ覚悟で、命綱なしで崖から”?び降りることです。

悔い改めることは、神が許さない限りは、物事が成就しないと受け”?れることです。神はすべてのことについて神であり、神がすべてを操作しているのです。悔い改めることは、信仰に基づいて、行”ョをすることです。

私たちは自分たちが何でも知っていると思いがちですが、実はほとんど何も知らないのです。いろんなことがわかってくると、自分が大してわかっていないことに気づき、そしていつか最終地”_にたどり着く”?には、やっと自分が何も知らないことに気づくのです。

悔い改めることは、不可”¥なことです!悔い改めることが可”¥な人なんてこの世に誰一人いません。また、そんな人は歴史上にも存在しません。アダムとイブのアダムが、イブと共に禁じられた果実の実を食べて以来、人は自分勝手に生きることの”z隷となってきました。人は、自分が宝だと思っているものを失わないために、自分自身をも頑丈な金庫室に閉じ込め、鍵さえも捨ててしまいました。人の希望は、人が神に従うことをやめて自分自身を神から”垂?だその”?以来、死滅しました。神が来て、その金庫室を開かなければ、人は堕落します。人には、その人自身を変えることや、運命を変えることは不可”¥なのです。

人は自分の名誉を”メ回することに必死になったり、神に従わないことに対して、とりつくろうことへの”z隷になっているだけでなく、虚偽の希望とともに、自分で自分自身を救えることを信じようとしているのです。人はその金庫室の厚い壁に対して、”ェをたたきつけてみたり、力いっぱい蹴ってみたり、どうして開かないんだ!と騒いでみたりするのですが、自分はあまりにも無力で、どんな試みも、結局何も変えることができないのです。

人は、自分で思い通りに変えられないことに気づくと、今”xは金庫室の持ち主と交渉しようと試みます。持ち主を”qみ”|そうと、お世辞を言ってこびてみたり、マケテくれないかと頼んだり、理屈をこねて議論したり、叫んだり。・・・人は、持ち主に、持ち主がもし”゙の言うことだけをきき、”゙の見方に”ッ意してくれれば、その人は“いい人”になることを約束したり、愛に満ちたふりをしたり、犠牲を捧げて、壊れたところ全てを償うことを約束します。”゙は、自分が金庫室の中に”?って出られなくなったことは、”゙のせいではなく、単なる間違いで、もしまた”ッじ状況になるとしたら、”ッじ過ちは”?”xと繰り返さないと約束します。さらに”゙は、もし持ち主が”゙にちょっと手助けするだけで、または少し時間を与えてくれるだけで、自分でそこから出られる方法を見つけ出せるのにと議論します。

囚人にはいつか、他の誰のせいでもなく、自分のせいで金庫室(=牢屋)に自分を閉じ込められたことに気づかなければならないときがきます。すべてのことは無意味で、持ち主には見せかけの”?”ソなど必要なく、自分には困”?な状況を覆す力が全くないということに気づかなければなりません。最終”Iには、完全に、持ち主の”サ断、恵み、慈”゚によるものだというところに”梺Bしなければなりません。持ち主には、何の義務もないのです。持ち主がなんとかするかどうかは、100?”持ち主次第です。それが悔い改めるということです。

悔い改めることは、神からのまったくの贈り物で、私たちに価値があるからといって”セられるものではありません。悔い改めたからといって、その悔い改めは、その人に帰属するものではありません。もしだれかが心からの悔い改めを経験したとすると、それは単に神がその人に尊い贈り物を与えただけのことであり、その人の力によるものではありません。神が、神の意思と神の決めたタイミ?”グで、対価や損”セなしに、その金庫室をあけることを決めただけのことです。

金庫室の中には明かりはありません。全くの真っ暗闇です。これがもうひとつの”゙をしばっている鎖です。一方で人は、その金庫室の中を知り尽くし、?”句の果ては自分が金庫室の中に閉じ込められていることや、外の世界が存在することさえも忘れてしまいます。そこにいるうちに、光や食べ物、水さえもない空間に慣れ、そこが心地よくさえ感じるようになります。暗闇の世界に棲むものとなってしまうのです。本”魔ヘ満足していないのに満足しているような、お腹が空いているのにお腹が一”tのような、安らいでいないのに心地よいような、眼が見えないのに見えているような、耳が聞こえないのに耳があるような、何もわかっていないのに理解があると決めつけてしまうような、錯覚の世界です。この大いなる暗闇こそが3つ目の鎖です。

イエス・キリストは唯一の光です。神ひとりが死と地獄の世界への鍵をもっています。これまで話してきた“金庫”こそが死と地獄の世界であり、そこから出られる”ケは、神によってしかありません。神が死の世界の持ち主でもあります。持ち主=神だけが鍵をもっています。本”魔ノ、神のみが、唯一の希望です。自身がなのです。金庫の鍵のナ?”バーの組み合わせは、「死」、「墓場」、「復活」です。イエス・キリスト自身が、死、埋葬、復活を経験することで、それに続く私たちも”ッ様に、自我の死、埋葬、復活をすることに”アかれているのです。

悔い改めることは、単なる外見”Iな変化以上の変化です。それは、暗闇から光への移行への始まりであり、憎しみから愛へ、無知から知識、地獄から”V国、死から生きることへ移っていくプロセスの始まりです。

牢屋の”烽ヘ神が決めたときに開き、人はそこから出て、生きることを始められます。”゙は、光をもつことによって、新しいところが広々として開放”Iなのと対照”Iに、牢屋の中がいかに暗くて締め付けられていたところかが見えるようになります。”゙は食べものや飲むものを与えられ、行ったり来たりする自由を与えられて、とても感謝します。”゙はもう自分を信用することをやめ、死から唯一よみがえった子、イエス・キリストを通して神を信じるようになります。”゙の人生は始まったばかりで、主イエス・キリストが”゙の生きる理由になります。それが悔い改めることであり、それ以外はあり”セません。

心からの悔い改めは、神の国がすべてを支”zしていること、すべてのことは上から決められているのだと”ュ見することにつながります。

悔い改めることは、正しいか間違っているかを”サ断する力のはじめの一歩です。

悔い改めることは、生きること、希望、平和、喜び、愛、理解、本物の正しさ、目”I、正しい方向へのはじめの一歩です。聖書にはこう書かれています。

「主を恐れることは知識のはじめである、愚かな者は知恵と教訓を軽んじる」(箴言1章7節)。

悔い改めることは、神との和解への第一段階で、神の魂を受けるための初期段階です。悔い改めることで、そのときがきたら、神はその人の中に棲むようになります。そして今”xは次の段階が始まり、悔い改めた魂が休息に”?るまで、以前”ッ様の、または以前以上の過程を経て、最後の第3段階に”?ります。第3段階目、つまり次の次元、次の王国については、聖書に書かれているようにです。

「勝利を”セる者は、このように”窒「衣を着せられるのである。わたしは、その名をいのちの書から消すようなことを、決してしない。また、わたしの父と御使たちの前で、その名を言いあらわそう」(ヨハネの黙示録 3章5節)。

そして

「勝利を”セる者を、わたしの神の聖所における柱にしよう。”゙は決して”?”xと外へ出ることはない。そして”゙の上に、わたしの神の御名と、わたしの神の”s、すなわち、”Vとわたしの神のみもとから下ってくる新しいエルサレムの名と、わたしの新しい名とを、書きつけよう」(ヨハネの黙示録 3章12節)。

悔い改めることは、魂がスラム街から出て、品のよい一角に”?り、裏”ケでゴミをあさって食べることをやめて、宮”aで豪華な食事をするようなものです。

しかし、悔い改めをしたからといって、決して簡単な”ケを期待しないでください。対価は払わなくてはいけません。イエス・キリストの名を使い、宗教という名の商品を”р?うと、”゙らに魂を”nすようにそそのかすペテ?”師やニセモノの”`”ケ師の言うことをきかないで下さい。”゙らは神に仕え、あなたを心底愛するようにそぶりをしながら(本人は本気で愛に満ちていると思っていても)、いたるところ存在し、実は自分たちが利を”セることを追っています。本物の悔い改めは、いつまでも続く楽しい旅ではありません。あなたの人生全?”が対価です。使”kパウロとバルナバは聖書の中で次のように語ったと書かれています。

「弟子たちを力づけ、信仰を持ちつづけるようにと奨励し、“わたしたちが神の国にはいるのには、多くの苦”?を経なければならない”と語った」(使”k言行録 14章22節)。

使”kたちは、クリスチャ?”の中で、”チ別に神から召された存在ではありません。本物のクリスチャ?”は使”kであり、使”kはクリスチャ?”なのです。ある人が使”kでなかったら、クリスチャ?”でないし、”ス対にクリスチャ?”でなかったら、使”kではないのです。クリスチャ?”とは、ここまで書いてきたように悔い改めを経験した人のことです。

パウロは、テモテへの手紙の中でこういいました。

「いったい、キリスト・イエスにあって信心深く生きようとする者は、みな、”頼Qを受ける」(テモテへの手紙?U 3章12節)。

偽りのニセモノに気をつけてください。ちまたには、安くて楽な悔い改めが、バーゲ?”価格で”]がっています。教会で、教会メ?”バーとともに、口先だけでイエス・キリストを救い主だと告”窒キることが、もっともよくあるニセモノの救いへのシナリオです(参照リ?”ク:「イエス・キリストを“受け”?れる”ことへ間違って”アくニセモノの福音(リ?”ク先は英語のみ)」)。

イエス・キリストが救い主であることは真実ですが、誰かが自分の力で救いを”セることはできません。神を信じる本物のクリスチャ?”との関わりは望ましく、また重要で、もしその人が悔い改めることを続け、神のスピリット(魂)を授かれば、イエス・キリストは懺悔者の中に生きるようになります。イエス・キリストを救い主として受け”?れることは簡単、単純、かつ瞬時に達成されることであるというのは間違いです。イエスが次のように宣言したとおりです。

「それから、群衆を弟子たちと共に呼び寄せて言われた。『わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を”w負って、わたしに従いなさい』」(マルコによる福音書 8章34節)。

間違えないでください。悔い改めることにお金はかかりませんが、対価としてあなたの人生すべてを支払わなければなりません。イエスは次のように言いました。

「あなたがたのうち、”モ?建てようとするとき、造り上げるのに十分な”?用があるかどうか、まず腰をすえて計算しない者がいるだろうか。そうしないと、”y台を築いただけで完成できず、見ていた人々は皆あざけって、『あの人は建て始めたが、完成することはできなかった』と言うだろう。」(ルカによる福音書 14章28−30節)

次のように書かれています。

「イエスはその人に言われた、『きつねには穴があり、空の鳥には巣がある。しかし、人の子にはまくらする所がない』。またほかの人に、『わたしに従ってきなさい 』と言われた。するとその人が言った、『まず、父を葬りに行かせてください』。 “゙に言われた、『その死人を葬ることは、死人に”Cせておくがよい。あなたは、出て行って神の国を告げひろめなさい』。またほかの人が言った、『主よ、従ってまいりますが、まず家の者に別れを言いに行かせてください』 。イエスは言われた、『手をすきにかけてから、うしろを見る者は、神の国にふさわしくないものである』」(ルカの福音書9章58-62節)。

悔い改めのプロセスには4つの視”_があります。

  1. 過去の罪の悔い改め:これは、神の法とは対立する過去の過ち、自分のあり方などを、本”魔ノ悪かったと後悔し、”゚しみ、”F識すること。一”ハに悔い改めというと、このことを指します。
  2. 罪を”ニしていることに対する悔い改め:今現在”ニしている罪を”Fめ、悔い改めること。これについても、一”ハに言われる悔い改めに含まれることが多いです。
  3. 過去・現在の、どんなことに対しても、すべてのこと、すべての人に対し、許すこと。実際にあったことであっても、自分の視”_からそう見えただけのことに対しても、自分を傷つけた相手を許すこと。他を許さない人を神は許しません。許すことが悔い改めることの大事な要素です。許していない人は、悔い改めていない人ということです。「もしも、あなたがたが、人々のあやまちをゆるすならば、あなたがたの”Vの父も、あなたがたをゆるして下さるであろう。 もし人をゆるさないならば、あなたがたの父も、あなたがたのあやまちをゆるして下さらないであろう」(マタイの福音書6章14−15節)。
    さて、次に書くことは、通常は悔い改めとしてはめったに語られませんが、実は悔い改めのための重要な、中心となる?”分です。
  4. 世間ではいいことだと言われていることでも、それが実はよいことではなく、人のプライドをとりこにしていることだとわかったら、それに対する心と態”xを変えること。一”ハにはよく見えたり、害がなさそうに見えて教えられていることでも、神の前では悪いことがあるのです。

たとえば、ある母親が、自分の子供を甘やかし、欲しいものを与え、かまってほしいときにはいつでもかまってあげて、褒めたたえ、惜しまぬ愛情を与えたとします。結果、その子供は、過”xに自分ばかりを大事だと思い、他人から褒められることを期待する子に成長するかもしれません。一”ハに母親の愛情は価値のあるものとされているし、価値あるだけでなく必要なことだとされています。なんといっても、母親というものは、子供を愛するべきだし、子供を励ますべき存在ではないのですか、とあなたは言うかもしれません。さらに、多くの人は子供の自我を育てることは、自尊心を育て、自分に自信をもつといった間違った名前で、名誉なことだと思われています。

人は、神のものでない態”xやふるまいをすることを捨てなければなりません。過去や現在に起こした行”ョや楽しむためだけにしていたことが何であったのか”F識する必要があります。イエスは「人々の間で尊ばれるものは、神のみまえでは忌みきらわれる」と言いました(ルカの福音書16章15節)。これが起こり”セる唯一の場合は、悔い改めをしようとしている人が、正しい生き方、正しい視”_、正しい態”xを教わるときのみです。

悔い改めに関するこれらすべての視”_や要素は、神の慈”゚による業と神が見せてくれることが必要です。自分の力では誰もこれらの”ケを歩むことはできません。

「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに”ュいて志を立てさせ、事を行わせてくださるのです」(ピリピ人への手紙2章13節)。

Victor Hafichuk

ビクター・ハフィチャック

翻訳 Mariko Benson
Translated into Japanese by Mariko Benson

>>「“?本語のページへようこそ」のページへ戻る

Facebook Comments