Print Friendly

心の苦味は破滅のもと

EnglishFrenchGermanJapaneseSpanish

The Bane of Bitterness

 

「見よ、わたしの受けた苦痛は平和のためにほかならない。あなたはわたしの魂に思いを寄せ滅びの穴に陥らないようにしてくださった。あなたはわたしの罪をすべてあなたの後ろに”鰍ー捨ててくださった。 陰府があなたに感謝することはなく死があなたを賛”?することはないので墓に下る者はあなたのまことを期待することができない。 命ある者、命ある者のみが今”?の、わたしのようにあなたに感謝し父は子にあなたのまことを知らせるのです。」(イザヤ書38章17-19節 新共”ッ訳)

心の苦さとは、悪い気持ちや態”xなどの感情以上のものです。それでは、それは一体何でしょうか?心の苦味とは、”j壊”Iなほどの理解不足であり、神の視”_をもたないことの結果です。神のやり方がいかに重要であり力に満ちているかを見ず、もし苦い気持ちをそのままにすると、身体を、そして魂さえを、汚して”j壊します。

苦い気持ちは、神への異議を訴えることです。それは、神の意思と裁きを拒絶することです。たとえ、拒絶をしている本人が、それに”ス対しているとわかっていなくてもです。私たちが皆必ずわからなくてはならないことのひとつで、私たちがどこにいてもついてくる真実とは、私たちの人生で起こることすべては、私たちに必要か、”桝Rの報いからだということです。繰り返し言います。私たちの人生に起きることすべては、私たちに必要か、または”桝Rの報いからです。

「必要」な場合:ヨブに起きた”゚劇と恐ろしいほどの損失が、ヨブのしたことによる結果ではなかったにもかかわらず、”゙に起きたことすべては、”゙に必要だから起きたのでした。”゙自身が、それが終わったとき、そのことについて”Fめています。

「あなたのことを、耳にしてはおりました。しかし今、この目であなたを仰ぎ見ます。 それゆえ、わたしは塵と灰の上に伏し自分を退け、悔い改めます。」(ヨブ記 42章5-6節 新共”ッ訳)

ヨブは自分の正しさと自分の”ソを信頼することから救われ、平和で心の静まる、神への頼りを与えられ、不変のものとしました。この状態で、すべては”゙に”{加して修復されました。

「”桝Rの報い」の場合:パウロはガラテヤ人たちにいいました。

「思い違いをしてはいけません。神は、人から侮られることはありません。人は、自分の蒔いたものを、また刈り取ることになるのです。 自分の”?に蒔く者は、”?から滅びを刈り取り、霊に蒔く者は、霊から永?”の命を刈り取ります。 たゆまず善を行いましょう。飽きずに励んでいれば、時が来て、実を刈り取ることになります。ですから、今、時のある間に、すべての人に対して、”チに信仰によって家族になった人々に対して、善を行いましょう。」(ガラテヤの信”kへの手紙 6章 7-10節)

“ス対の場合も本”魔ナす。私たちが蒔かないものは、報いとしてやってきません。誰かが払わなかったものに対して、どうして支払いや褒”?を受け取るべきでしょうか?パウロは、”ュかない者は、食うべからずと言っています。これが人生の真相です。それゆえ、もし誰かが悪の種を蒔かなければ、悪を受けることはないのです。もし神が正しく、すべてをコ?”トロールしているのならば、神の法は、どちらの場合も本”魔ナす。

人々は神がすべてをコ?”トロールしているということを信じず、信頼していないということが問題です。人々がイエス・キリストを信じているという信仰を告”窒オ、イエスを“主(しゅ)”と呼びながら、”゙らの心の中で神が主であることを信じていないのです。言い換えれば、この世で存在するすべてのことにおいて、完全に、活”ュに、個人”Iに、神が支”zしているということです。

人々は、“偶然”や“運”の方をより信じています。私にこう言わせてください。でたらめに起きる偶然の出来事というものはあり”セません。「火のないところに煙はたたず」という諺(ことわざ)のように、理由なしに起きることはありません。すべてのことに理由があります。すべてのことに原因はあり、そのまた原因の原因がありますが、原因と結果の鎖は終わりのないものではありません。その鎖の終わりは、神です。神がすべての、最初の原因です。それはなぜなら、すべてが神によって始まったからです。

「万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。」(ヨハネによる福音書 1章3節 新共”ッ訳)

「”Vにあるものも地にあるものも、見えるものも見えないものも、王座も主権も、支”zも権威も、万物は御子において造られたからです。つまり、万物は御子によって、御子のために造られました。」(コロサイの信”kへの手紙 1章16節 新共”ッ訳)

すべてのものは継続し、存在し、バラバラにならず、神によって操作されています。

「御子はすべてのものよりも先におられ、すべてのものは御子によって支えられています。」(コロサイの信”kへの手紙 1章17節 新共”ッ訳)

また、すべてのものは、神とともに終わります。

「神である主、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、全”¥者がこう言われる。“わたしはアルファであり、オメガである。”」(ヨハネの黙示録 1章8節 新共”ッ訳)

英国の女王や、アメリカ合衆国の大”摎フ、そのほかのどんな王国や政府の権威でも、”゙らは肩書きをもちますが、”゙らができることは限られています。それ以上に、神は本物の主(しゅ)であり、神はすべてを支”z、指示しています。神は、一羽の鳥のような小さな存在の運命さえも牛耳っています。

「”?羽の雀が一アサリオ?”で”р轤黷トいるではないか。だが、その一羽さえ、あなたがたの父のお許しがなければ、地に落ちることはない。」(マタイによる福音書 10章29節 新共”ッ訳)

さらに、神は、”ッの毛の運命さえも決めているのです。

「あなたがたの”ッの毛までも一本残らず?”えられている。」(マタイによる福音書 10章30節 新共”ッ訳)

あなたの肩や、セーターの上に、”ッの毛が落ちたとします。その”ッの毛が落ちたのは、神があらかじめ決めた、神の予知、先見の明によってのみ、起きた出来事であることを信じてください。神の完全な監”ツや管理や指示なしに、偶然によって出来事が起きたり、存在したりすることはありえないのです。

では、もしこれらのことが本”魔ネらば、私たちはどうして苦い気持ちになるのでしょうか。それは、何かがうまくいっていなかったり、状況が私たちの欲しいものと違ったりするからです。私たちは神に”ス対しているのです。しかし、もし神がすべてのことをコ?”トロールしていて、“御心のままにすべてのことを行われる方の御計画によって前もって定められ” (エフェソの信”kへの手紙 1章 11節)ているならば、神がおろかであるか、または誰かが私たちの犠牲の上でふざけているかしていない限りは、何が起きようとも、それには必ず“良く”も“悪く”とも、いい理由があるはずです。もしすべてのことに目”Iがあり、知恵に満ちた完璧な神によって決められているということが本”魔ナあるならば、すべてのことが必要であるという結論に”梺Bするしかありません。

「神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に”ュくということを、わたしたちは知っています。」(ローマの信”kへの手紙 8章 28節 新共”ッ訳)

さらに、もし私たちが聖書を本”魔ノ信じることができるなら、聖書が神は愛であると宣言するように、それはその通りで、神の意思はすべての神の創造物にとってよいことでしかなく、それならば、私たちはどうしたら、すべてのことが最終”Iに良いことのために神からきていることだと、受け”?れることなくいられるでしょうか。だからこそ、私たちは、神を信じる者として、最も主要な責”Cと行”ョを成就するべきなのです。というのは、

どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。」(テサロニケの信”kへの手紙一 5章18節 新共”ッ訳)

良く見えること悪く見えることの両方、すべてのことに感謝すること。そして、私たちがイエス・キリストが主(しゅ)であり、すべてを左右し、すべてを”搦。し、神の王国が最高支”zしていることを告”窒キること。すべてのことに対して神に感謝を捧げることは、イエス・キリストが主(しゅ)であることの告”窒フ真髄です。

イエスはピラトに言いませんでしたか?

「神から与えられていなければ、わたしに対して何の権限もないはずだ。(後略)」(ヨハネによる福音書 19章11節 新共”ッ訳)

すべてのことは、上から決められていることです。下から決められることは決してありません。

いいことが来るとき、神が祝福していることがわかります。悪が来るとき、それもまた神から来ているとわかります。大いなる苦しみ、”ヒ然の損害が訪れたとき、ヨブは次のように述べました。

「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ。」(ヨブ記 1章21節 新共”ッ訳)

サタ?”が来たとき、ヨブの妻が「神を呪って、死んだらどうですか」と言ったとき、ヨブは次のように”嘯ヲました。

「“お前まで愚かなことを言うのか。わたしたちは、神から幸福をいただいたのだから、不幸もいただこうではないか。”このようになっても、”゙は唇をもって罪を”ニすことをしなかった。」(ヨブ記 2章10節 新共”ッ訳)

ヨブは、自分の身に起こったことが、単に“サタ?”がしたこと”ではないとわかっていました。ヨブは、神が、”Vと地の両方、見えないこと見えること、スピリチュアルなこと物質”Iなこと、すべての支”z者であることを理解していました。ヨブ記の最初の2章はこれについて”゙が正しいこと、神が支”z”I立場にいることをとても明らかにしています。

神の主権については、聖書の最初から最後まで、教訓、規則、証言、戒律、裁き、法、預言、立証された歴史”Iな記録によって、記述され、表されています。神の主権は、神の創造物のすべてに表されています。

それでは、苦い気持ちをもつことは正”魔ネことでしょうか?明らかに間違っています。では、心の苦味への解決策とは何でしょう?”嘯ヲはひとつだけしかありません。私たちは神に知恵と理解を与えてくれることを頼まなければなりません。自分の信頼を神におき、神のやり方を見ることが与えられなければなりません。自分の好みや欲求、私たち自身を捨て、神の意思を”Fめなければなりません。苦い気持ちをもつことがやむを”セないような状況だとしたら、そういった気持ちをもつことに立ち向かうようにしましょう。

あなたはもしかしたらあなたが苦しんでいる理由に対し、間接”Iにでも何も悪いことなどしていないと”ロ定するかもしれません。しかし、私たちの苦しみには、第”?の戒律にあるように、別の次元があります。

「あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない。あなたはいかなる像も造ってはならない。上は”Vにあり、下は地にあり、また地の下の水の中にある、いかなるものの形も造ってはならない。 あなたはそれらに向かってひれ伏したり、それらに仕えたりしてはならない。わたしは主、あなたの神。わたしは”M情の神である。わたしを”ロむ者には、父祖の罪を子孫に三代、四代までも問うが、 わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には、幾千代にも及ぶ慈しみを与える。」(出エジプト記 20章3-6節 新共”ッ訳)

神は、すべてのことに対し、私たちの神との関係によって、報酬や”アを与えます。また、神はそれらの祝福や呪いを、その過程が終わるまで、世代にわたって至らせます。これを知ってください。私たちは先祖の子孫であるだけでなく、私たちが私たちの先祖そのものであるのです。あなたがあなたの父や母であり、もし”゙らや”゙らの両親がほかの神を、第一と第”?の戒律とは相”スして、崇”qしたことがあれば、あなたもこの世に生まれる前からほかの神を崇”qしているのです。だからこそ、預言者(神の代弁者)たちや人々は、“”゙らの父たち(先祖)の罪”を告”窒オたのです。

「しかし、もし”゙らが自分と自分の先祖の罪、すなわち、わたしを欺いて、”ス抗した罪を告”窒キるならば、たとえわたしが”゙らに立ち向かい、”Gの国に連れ去っても、もし、”゙らのかたくなな心が打ち砕かれ、罪の”アを心から受け”?れるならば、そのとき、わたしはヤコブとのわたしの契約、イサクとのわたしの契約、更にはアブラハムとのわたしの契約を思い起こし、かの”y地を思い起こす。」(レビ記 26章40-42節 新共”ッ訳)

あなたの人生における悪と、あなたの祖先とにつながりはあるでしょうか。神はその”嘯ヲを知っていて、それをあなたに見せることができるのは、神だけです。神の恵みにより、その鎖を切れば、祖先の罪によりあなたに振りかかった呪いを最終”Iに取り除くことになります。“最終”Iに”と私が言うのは、すべてのことは経過をたどらなくてはなりませんが、神は正義で慈”゚深いので、あなたが完全に悔い改めれば、神が約束さえした通り、あなたのためにその鎖を切ります。私はこのことを知っています。なぜなら神は、私にもほかの人にもそうしてくれましたし、聖書の中にも記録があり、それ以来、ほかの人たちにもそうして鎖を切っています。ですから、このことについての証言は、確かなことです。

意識”Iにわざと罪を”ニしたわけではなかった場合、私たちは自分が選ばなかった境遇に対して、間違った態”xをとったかもしれないことを”F識していないかもしれません。しかし、悪い状況があるのは、私たちが直接の原因をつくったからばかりではなく、その状況に対する私たちの態”xのために起こっています。言い換えれば、多くの場合、悪い状況が苦い気持ちの原因なのではなく、苦い気持ちがあるから、悪い状況が起きているのです。

苦い気持ちはまた、身体を”j壊すると知っていましたか?心の苦味は、消化器や神経の機”¥を低下させ、心の健康を乱し、その他の問題も引き起こします。心臓病や”?満、”?”A病、ガ?”をもたらします。間接”Iには、悪い人間関係をもたらし、それが不和をもたらし、さらには損害や死をもたらします。苦い気持ちは、一流の殺人魔です。ですから、あなたのために、そしてあなたの周囲の人たちすべてのためにも、それが何であっても、神のこらしめに真摯に従いましょう。

「およそ鍛錬というものは、”枕タは喜ばしいものではなく、”゚しいものと思われるのですが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に、義という平和に満ちた実を結ばせるのです。だから、萎えた手と弱くなったひざをまっすぐにしなさい。また、足の不自由な人が”・み外すことなく、むしろいやされるように、自分の足でまっすぐな”ケを歩きなさい。すべての人との平和を、また聖なる生活を追い求めなさい。聖なる生活を”イきにして、だれも主を見ることはできません。神の恵みから除かれることのないように、また、苦い根が現れてあなたがたを”Yまし、それによって多くの人が汚れることのないように、気をつけなさい。」(ヘブライ人への手紙 12章11-15節 新共”ッ訳)

心の苦味の領域は、暗く、冷たく、荒”pしたものです。その地には、死があり、また、死を招くものです。誰がそこにいることを選ぶでしょうか。なぜこの世の、暗闇の支”z者に栄光を与えるのですか。なぜ死を選ぶのですか?なぜ光といのちの支”z者に栄光を与えないのですか?

神を受け”?れて、生きなさい。結局のところ、あなたは神に借りがあるのです。あなたは、”ニ罪者であり、うそつき、”瑞lであるサタ?”には、何の借りもありません。すべての苦い気持ちを葬り去りなさい。それは邪悪な、”スキリストの態”xです。十字架は神のあなたに対する態”xの総計だということを覚えておいてください。十字架の重要さの”c握は、地獄から、光、癒し、平和、”ノ栄、そして喜びの王国へと魂と身体を救うものです。

下記に、筆者による、心の苦さについての詩を、紹介文とともに引用します。

 

Bitterness 「心の苦味」

苦い気持ちがあなたに向けられ、それを目にするとき、”チに、何十”Nも一緒に暮らしてきて、本来ならあなたに対して”ス対の気持ちー愛―をもつべきであるとき、それ以上いまわしい壮観はないでしょう。この気づきは、神による示しによるものであり、そして、最終時期にでてくるべきことが表面化することにより与えられました。すべてのことは、光に”アかれ、対処されなければなりません。そして、終わりのとき、すべてのことはそうなります。神からの理解だけが、許す勇気と、最後まで頑張り通す信仰を与えます。

苦い気持ちは、神を信じる者たちみんなにとってのさだめで、最終”Iにはすべての人々が、直視し、”Fめ、受け”?れなければならないことです。これは、悪者が暴露され、致命”Iに滅ぼされるためです(テサロニケの信”kへの手紙”? 2章8節)。それは最悪の時期ではありますが、神を信じる者には、罪のあがないが近いという理由から、”ェを上げる”ョ機が与えられます。いわくありげな、心の苦い人の表面化は、神の来訪で、神が地獄の子を暴露し、”j壊することのゆえに、主(しゅ)が存在することの本物の証拠です。では、どのような”j壊でしょうか?それは、神の子を通して、救われ、変えられ、よみがえさせられ、神とひとつになることによってです。それは、素晴らしく、また過?”で厳しい出来事です。

心の苦味が叫びます。「あなたは私に借りがあります!」
そして”゙女に休みはない
“゙女が欲しいものを手にいれるまで。
そうでなければ、”゙女が”[“セすることはなく
代用品に満足はない。

「私はあなたに賛成しません!」”゙女は神に叫ぶ。
「あなたは自分のしていることがわかっていないか、
または、あなたは正しいことができていない。
だから、私がしなくちゃいけない!
私が物事をコ?”トロールしないといけない
私が自分を守らないといけない
そして私が欲しいものを手に”?れる。
ほかの誰をも、私のためにそうすることで信頼できない。
でも、私ができないことをわかっている
でも、やってみないといけない
トライして、トライして
あなたがやっと私のやり方をわかるまで。
私は自分自身の目には賢いから」。

心の苦味は頑固です。
“゙女は目を閉じ、耳をふさぎます。
“゙女は自分が見たいものを見ます。
“゙女は自分の聞きたいことを自分に言い聞かせます。
本”魔ナはないことを
信じることでだまされます。

“゙女の心は、”゙女の野望と欲求を崇”qし
この世の約束によって、それらを生きさせます。
そうでなければ何も、”゙女を”[“セさせるものはありません。

そして主(しゅ)が来ます
そして”゙女の欲しいものすべてをかなえます
“゙女が頼んだ以上のことを。
神は”゙女の目を開けて見えるように
そして”゙女は目を閉じ、でも、見ています。

謙遜でくだけた”゙女は告”窒オます、「私はあなたに借りがあります!」
そして休むことはありません
その借りがこれきりになるまで。
神は”゙女の目を見えるように開け
そして”゙女は休み、いやされます。
落ち着きのある‘満足’が”゙女の新しい名前です。

Victor Hafichuk
ビクター・ハフィチャック

翻訳 Mariko Benson
Translated into Japanese by Mariko Benson

>>「“?本語のページへようこそ」のページへ戻る

 

Print Friendly